バイパス手術

バイパス手術 は、流れの悪くなった血管や、がん などにより塞がってしまった消化管などの迂回路をつくる手術で、血液 や 食べ物の流れをスムーズにさせるために行います。

例えば、膵臓すいぞうがん では、がん を切除できないような場合に、十二指腸 などが詰まって食事が取れなくなってしまうのを防ぐため、胃 と 腸 をつなぐバイパス手術を行い、食事が採れるようにすることがあります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする