X線撮影

X線撮影(X‐ray Photograph)は、X線 を物質に照射し、透過したデータを写真乾板などに映し出す検査。最近ではイメージセンサーを用いて電子データとして取り出す場合が多い。
医療の他、空港などの手荷物検査など非破壊検査に用いられる。レントゲン 検査とも言う。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする