白血球

白血球(WBC: White blood cells)は、血液 の成分の1つで、 主に 免疫 の機能を担う血球で、細胞核 を持つ特徴があります。
白血球には、

顆粒球 好中球(NEUT), 好酸球(EOSINO), 好塩基球(BASO) の総称で、貪食どんしょく, 殺菌, 寄生虫 の排除などを担っています。
リンパ球(LYMPH) T細胞, B細胞, NK細胞, 自然リンパ球 などの総称で、特異的生体防御 の中心的な役割を担っています。
単球, マクロファージ, 樹状細胞 血液中では、丸い 単球(MONO) の形状をしていますが、血管の外にでるとアメーバー状の マクロファージ となります。マクロファージ大食細胞たいしょくさいぼう で、極めて 貪食どんしょく です。
樹状細胞じゅじょうさいぼう は、木の枝の様な突起を持っていて、取り込んだ 抗原こうげんT細胞 に提示する役割を持っています。

などが含まれています。白血球は、この様な様々な細胞の集合体で、免疫 機能を担っています。
カッコ入りの文字列は、一般的な血液検査の項目名です。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする