腫瘍マーカー

腫瘍マーカー(Tumor marker)は、がんの進行と共に増加する生体内物質の事。主に血液中に遊離している物質を抗体を用いて検出する。また、生検 により得られた組織を免疫染色し、腫瘍の確定病理診断や組織型の鑑別に用いる。
多くの腫瘍マーカーは、健康人であっても微量ではあるが血液中に存在するので、腫瘍マーカー単独で癌の存在を診断できるものは PSA (前立腺癌のマーカー)や PIVKA-II (肝細胞癌のマーカー)など極一部と言われている。
確定診断ではないが有用な検査方法としてしばしば用いられるが、進行したがんの動態を把握するために用いられる検査で、早期がんの診断に用いる事はできない。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする