開胸手術

開胸手術(Thoracotomy)は、胸壁を切開し、胸腔を開放する 手術療法 のこと。

肺がんなど呼吸器に関わるがんの手術を行う際に用いられる。通常は、10cm~20cm程度切開し手術を行うが、直径5mm~10mm程度の穴を開け、胸腔鏡と言う特殊な器具を用いた、胸腔鏡手術 も用いられる事がある。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする