生存率

生存率 は、一定の期間が経過した集団について、その時点で生存している患者さんの割合のことです。あくまで、生存していると言う事に着目しており、QOL を維持した生活を営んでいる集団について集計した物ではありません。

生存率 の目的は、治療効果 を判断する最も重要かつ客観的な指標を示すことです。医療統計学上の数値である事を意識する必要があります。
診断からの期間により、生存率は異なってきます。部位別生存率を比較する場合や、がん の治療成績を表する指標として、5年生存率 がよく用いられています。
がん の種類や、比較などのために、1年、2年、3年、5年、10年の各生存率が用いられます。

生存率は、計算する対象の特性(性別, 年齢, 居住地 など)、病期分類, 計算する対象の選び方(外来患者を含めるのか、入院患者のみとするのか。来院頻度の差異など)などにより、大きく影響を受けます。そのため、複数の施設の数値を比較検証する場合には、注意が必要となります。

例えば、5年生存率の場合、5年前の医療技術を基準として、5年間の間にどの程度の患者さんが生存していたのかを、割合として示した数値であり、診断を受けた時点で、平均してどの程度の生存率があるのかを示す様な数値ではありません。
あくまで、5年前の医療技術が基準になっている事を忘れてはなりません。
また、がん はとても難しい病気なので、同じ臓器のがん、同じ 病期分類 であっても、単純に他の患者さんと比較する事はできません。
治療成績などを客観的に比較検討するための数値である事を忘れてはいけません。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする