手術療法

手術療法(surgical treatment)は、がんの 標準治療 のひとつ。がんの病巣を切除し、その臓器の周辺組織やリンパ節に転移があれば、一緒に取り除く事で治療しようとする物です。
早期のがんや、ある程度進行している がん でも、切除可能な状態であれば積極的に手術療法が用いられます。
基本的には、身体にメスを入れますが、可能であれば 内視鏡腹腔鏡 を使用し、切除する部位を最小限度にする事で、身体への負担を軽減する選択を行います。
手術療法は、がん の治療に大きな成果を齎しますが、目に見えない様な小さな がん 組織を切り除く事が難しいなど、がん を根本的に治療するための治療法では無いと言う事を理解して置く必要があります。

術後、必要に応じて 術後補助療法 が用いられる場合があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする