病期分類

一般に ステージ と呼ばれます。0期~Ⅳ期の5種類があり、数字が大きいほど病期が進んでいます。ローマ数字で表記します。「stg.2」の様に表記することもあります。がん種によっては 「Ⅲa」, 「Ⅲb」 などより細かく分類することもあります。
0期を 早期がん 、Ⅰ期~Ⅳ期を 進行がん と呼びます。

治療の方針を立てるための指標で、主に病巣がどの程度全身に広がっているかの目安になります。病期が深いほど死期が近いと言う意味ではありません。

病期分類には様々な物がありますが、一般的には国際対がん連合(UICC: Unio Internationalis Contra Cancrum)が推奨する、TNM分類 が使用されます。

  1. がんがどのくらいの大きさになっているか。(T因子)
  2. 周辺のリンパ節に転移しているか。(N因子)
  3. 別の臓器への転移はあるか。(M因子)

を用いて分類します。そのため、ステージを T2N0M0 の様に表記する場合もあります。
転移 の多くの リンパ行性転移 によるものですが、血行性転移 の場合 T2N0M1a の様に N因子が N0 で、M因子が M0 以外と言うこともあり、病状をより細かく示す事ができます。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする