SPan-1

腫瘍マーカー の一種。肝癌, 胆道系疾患, 膵癌 で異常値を示す。良性疾患での陽性率が低いため膵癌との鑑別診断の指標に用いられる。治療効果のモニタリングとしても有用である。
各種疾患における陽性率は CA50 と類似しており,良性肝疾患に対する偽陽性率は CA 19-9 よりも高い。慢性膵炎での偽陽性率は低い。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする