副作用

化学療法 は、頻繁に分裂を繰り返す細胞を攻撃する仕組みを持つものが多いため、成長が早い正常細胞にも作用してしまいます。
化学療法 以外でも、手術療法, 放射線治療, 代替治療民間療法 でも、副作用 がでる事があります。一般的に 副作用 が少ないと思われがちな、漢方薬 にも 副作用 があります。
この様に、正常細胞へ悪影響を与える事を、副作用 といいます。
副作用 を抑えることを目的とする、支持療法 と組み合わせて治療を行います。

一般的に、骨髄抑制, 吐き気, 嘔吐おうと, 悪心おしん, 下痢, 便秘, 口内炎, 食欲不振, 貧血, 出血傾向, 脱毛 などの副作用がでると言われています。
副作用は、使用する 薬剤 や、個人差 によっても大きな違いがあります。同じ がん腫 , 同じ 薬剤 でも、副作用が違うという事は良くあります。他の人との比較は避けた方が良いでしょう。
不安がある場合には、医師 や 看護師, 薬剤師 に確認してください。また、副作用 が続いている場合には 歯科治療 ができない、などの制約が伴います。医師 や 看護師 に確認して下さい。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする