再建手術

再建手術とは、がん の手術によって切り取ってしまった臓器や器官を、新たにつくり直す治療のことを言います。

再建手術には、大きく2通りの物があります。1つ目は、生きていく上で必要な機能を維持するために器官を再建する手術です。例えば、胃がんで胃を切り取ってしまうと、食べ物の通り道がなくなってしまうため、胃切除後に残った胃と、十二指腸を直接つなぎ合わせるなどして、消化管を再建するなどの手術がこれに当たります。
2つ目は、手術によって生じた外見上の変形を補うために行います。例えば、乳がんのため乳房を切除した場合に、本人の筋肉や脂肪、あるいは人工物などを用いて乳房の形を整える、乳房再建手術などがこれに当たります。生命を維持すると言う意味では必要とは言えなくても、精神的, 社会的な QOL を高めるために必要となる場合があります。

再建手術が可能かどうかは、担当医によく相談してみましょう。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする