放射線治療

放射線治療(radiation therapy)は、がん標準治療 のひとつ。がん の病巣部に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる局所療法です。局所療法のため、手術療法に似ています。
最近では、がん の位置や大きさを正確に測る事ができる様になり、その部分にのみ集中的に照射することが可能になり、治療効果が格段に向上しています。
体の外側から放射線を照射する「外部照射(external irradiation)」だけでなく、放射線を出す針やカプセルを病巣部に挿入する「密封小線源治療(brachytherapy)」や、放射性物質を注射や内服で投与する「放射性同位元素内用療法(radioisotope internal therapy: アイソトープ(RI)」も用いられます。

放射線療法で用いられる 放射線 は 電磁放射線 と 粒子放射線 に大別されます。 電磁放射線 は 電磁波 の内 紫外線 よりも周波数が高い物で、X線γガンマ線 があります。医療技術で使用される物は、主に X線 ですが一部 γガンマ線 も使用されます。
もう一方の、粒子放射線 は 原子核 から放射される、電子 や 中性子 などの粒子で、αアルファ線(ヘリウム4の原子核), βベータ線(電子 または 陽電子), 電子線(電子 の束), 陽子線(水素の原子核), 重粒子線(炭素イオン線), 中性子線(中性子粒子)などがあり、医療技術で使用される物は、主に 陽子線, 重粒子線 です。

一般に、早期がんに向いていると言われています。また、白血病の様に全身に広がる がん や、胃がん, 大腸がん の様に蠕動運動が伴う臓器には不向きとされています。

放射線の種類

放射線 電磁放射線 光子こうし X線
γガンマ
粒子放射線 荷電粒子かでんりゅうし αアルファ
βベータ
電子線
陽子線
重粒子線
非荷電粒子ひかでんりゅうし 中性子線

主な治療法

外部照射 リニアック
強度変調放射線治療(IMRT)
定位放射線治療(SRT/SBRT)
画像誘導放射線治療(IGRT)
三次元原体照射(3D-CRT)
サイバーナイフ
ガンマナイフ
陽子線治療
重粒子線治療
内部照射 密封小線源治療
非密封放射線治療

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする