PET

PET(Positron Emission Tomography: 陽電子放射断層撮影)法は、がん 細胞が正常細胞に比べて3~8倍の ブドウ糖 を取り込むという性質を利用し ブドウ糖 に近い成分(FDG)を体内に注射し、PET で撮影すると ブドウ糖 (FDG)が多く集まっているところがわかり、がんを発見する事ができる検査です。
ブドウ糖 の集中部を探し出すため、脳や心臓など ブドウ糖 が集中している臓器の観察は不得意としています。また、糖尿病の様に ブドウ糖 (FDG)を注射できない人は検査できません。
MRI を用いて PET 検査と同様な画像を得る事ができる、DWIBS 検査と言う検査方法もあります。

PET検査を受ける場合には、検査開始の 5時間前から、食事制限(飴, ガム などの甘い食べ物、スポーツ飲料 などを含む)を行う必要があります。水, 白湯, お茶 は採っても問題ありません。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする