腹膜播種

腹膜播種ふくまくはしゅ(Peritoneal dissemination)は、がん 細胞が 臓器 の壁を突き破って、腹膜ふくまく に広がっている状態のことを言います。
また、胸膜きょうまく内から、腹膜ふくまく内へなど、悪性腫瘍 が発症している臓器を含む領域から、別の臓器を含む領域へ 転移 することを、播種性転移はしゅせいてんい と呼びます。
播種はしゅには、『種がまかれるように、バラバラと広がること。』と言う意味があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする