内服薬

内服薬 とは、経口けいこうにより用いられる薬剤の事です。主に、胃や腸で吸収され、効果が発揮されます。内服薬には次の様な種類があります。

錠剤じょうざい 固形錠こけいざい, 裸剤らざい 薬剤を高圧で圧縮して固めた物です。分割溝ぶんかつこうと呼ばれる溝が入った薬剤もあり、半量に割って服用することも想定されています。スプーンを使って割る方法もありますが、『ピルカッター』と言う専用の器具も販売されています。
一包化 に向いている薬剤です。
糖衣錠とういざい 薬剤の表面を糖分でコーティングした薬剤です。苦みや不快臭の強い薬剤などに用いられます。
コーティングされている糖分(トラジェ)が溶解すると、薬剤の成分に影響を与えてしまう物もあるため、服薬直前までシートから取り出さない様にする必要があります。
着色が容易である事から、他剤と見分けが付けられる様に、様々な色で着色した物が多くみられます。
糖衣錠とういじょうとも呼びます。一包化 にも向いていますが、トラジェ が溶解すると、薬剤の成分に影響がでる場合もあるため、服薬前に異常が無いか、確認する必要があります。
フィルムコーティング錠 薬剤の表面を薄いフィルムでコーティングした薬剤です。多くの場合、固形剤こけいざい糖衣錠とういざいとは溶解, 吸収のタイミングが異なるため、一包化 には向いていません。
腸溶剤ちょうようざいの新しいタイプとして利用されつつあります。
OD錠 口腔内崩壊錠こうくうないほうかいざい(Orallyおらりー Disitegrationでぃさいとぐれーしょん)の事で、口に入れた瞬間に崩れていく、新しいタイプの薬剤です。水がなくても服薬する事ができます。近年、多くの固形剤こけいざいがOD剤として登場しています。嚥下えんげ機能が落ちた、高齢者に処方されることが多いタイプの薬剤です。
服薬すると、直ぐに唾液に溶けて行きますが、固形剤こけいざいと同様に、水または白湯と共に服薬することもできます。どちらでも、効能に変化はありません。
湿気にとても弱い薬剤なので、服薬直前までシートから出さない様に注意する必要があります。特に高齢者が服薬する場合に、注意が必要となる場合があります。
OD錠はその特性のため、一包化 には向いていません。
OD錠でも、薬剤名が同じものであれば、薬剤が効果を示す時間に違いはありません。
腸溶剤ちょうようざい 胃酸では溶けず、腸にたどり着いてから、溶けるコーティングをした薬剤です。胃を荒らしやすい薬物に用いられます。多くの場合、固形剤こけいざい糖衣錠とういざいとは溶解, 吸収のタイミングが異なるため、一包化 には向いていません。
フィルムコーティング錠が増えつつあります。
抗血小板剤と用いられる、アスピリン腸溶錠などがこのタイプの薬剤です。
徐放錠じょほうざい 薬剤がゆっくりと溶ける様に加工した物です。口腔内でゆっくりと溶かして服用します。噛み砕いたり、飲み込んでしまうと正しい薬効成分を得られないので注意が必要です。
薬剤の性質上、一包化 には向いていない場合があります。
トローチなどがこのタイプの薬剤です。オピオイド鎮痛剤 の多くも、このタイプです。
舌下剤ぜっかざい 口の中の粘膜から薬効成分を吸収させる薬剤です。通常、舌の下, 歯ぐきと頬の間に入れて溶かして服用します。1~2分で効用が発揮される特徴があります。噛み砕いたり、飲み込んでしまうと正しい薬効成分を得られなかったり、即効性が無くなってしまうので注意が必要です。
服薬方法が特殊なため、一包化 はできません。
狭心症発作の時に使用する、ニトログリセリンがこのタイプの薬剤です。
カプセル こうカプセル ゼラチンで作られた容器に、顆粒や粉薬などを詰めた物です。特に、苦味や癖が強い薬剤に用いられます。また、溶解時間をコントールしたい場合にも用いられます。
多くの場合、一包化 することができます。
なんカプセル ゼラチンや海藻成分などで作られた容器に、液体状の薬剤を詰めた物です。特に、苦味や癖が強い薬剤に用いられます。また、溶解時間をコントールしたい場合にも用いられます。
多くの場合、一包化 することができます。
散剤さんざい 粉末状の薬剤です。一般的に粉薬と呼ばれる薬剤の事です。服薬し辛い場合には、オブラートや服薬ゼリーを使用します。
顆粒剤かりゅうざい 粒状の薬剤です。散剤よりも大きく、粒の大きさが揃っている特徴があります。服薬し辛い場合には、オブラートや服薬ゼリーを使用します。
内服薬剤 薬剤の成分を精製水やアルコールに溶かした薬剤です。シロップ剤に似ていますが、甘みや香りが無い物がほとんどです。
市販薬の栄養ドリンク(ドリンク剤)も、このタイプです。
シロップ剤 内服薬剤に、糖分や香料を加えて飲みやすくしたものです。小児向けの薬剤に使用されることがあります。ジュースの用に飲みやすい物が多いため、保護者による管理が必要な薬でもあります。
ドライシロップ剤 内服薬剤やシロップ剤を濃縮し、服薬時に水に溶いて服薬する薬剤です。通常、一回一瓶ですが、スポイトなどで取り分けてから、水を加えて服用する物もあります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする