オピオイド鎮痛剤

オピオイド鎮痛剤とは、脊髄せきづいや脳の痛みを伝える神経組織にある、オピオイド受容体と呼ばれる部位に作用して、痛みを止める薬の総称です。
がんの痛みコントロールに用いられるオピオイド鎮痛薬には、コデイン, モルヒネ, オキシコンドン, フェンタニルなどがあります。
コデインは咳止めとしても使われますが、軽度から中等度の痛みに用いられます。モルヒネ, オキシコドン, フェンタニルは中等度から高度の痛みに用いられます。

一般に、オピオイド鎮痛剤を用いると、便秘や吐き気, 強い眠気を感じる場合があるとされています。便秘への対応としては、スインプロイク錠の様な、オピオイド鎮痛剤専用の便秘薬を用いることもあります。
吐き気は、オピオイド鎮痛剤の服用を開始した、1~2週間ででる場合があり、時間の経過と共に自然に治っていきます。
強い眠気を感じる場合には、オピオイド鎮痛剤が過剰に効いている場合が考えられます。強い眠気が続く場合には、オピオイド鎮痛剤の容量を減らしたり、より軽度なオピオイド鎮痛剤に変更するなどが必要になる場合があります。

オピオイド鎮痛剤は、単剤で用いるだけではなく、レスキュー剤と呼ばれる鎮痛剤とセットで用いられます。通常服用する、オピオイド鎮痛剤だけでは痛みをコントロールできない場合に、レスキュー薬を服用します。

オピオイド鎮痛剤を用いた痛みのコントールでは、いつオピオイド鎮痛剤やレスキュー薬を服用したのか、どの程度の痛みを感じているのか、どの様な副作用が出ているのかなどを記録することがとても大切になります。

WHO方式がん疼痛とうつう治療, 疼痛コントール法では、がんの疼痛コントールとして、非オピオイド, 弱オピオイド, 強オピオイドの3段階に分類しています。具体的には、以下の様な薬剤があります。

非オピオイド
NSADs, アセトアミノフェン±鎮痛補助薬
弱オピオイド
コデイン, ジヒドロコデイン, トラマドール
強オピオイド
モルヒネ, オキシコドン, ブプレノルフィン, フェンタニル, メサドン, タベンタドール, ヒドロモルフォン

服用の方法や、記録のとり方などを含め、服用にあたっては、医師, 薬剤師, 看護師などからレクチャーを受ける事がとても大切です。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする