一包化

一包化 とは、複数の薬剤を服用する必要がある患者さんが、服薬する薬剤のタイミングや量を間違えない用にするために、全ての薬を一袋に収める加工を施すことを言います。
例えば、ある薬剤を、朝食後と夕食後には服薬し、昼食後には服薬しない場合や、食直前 と 食後 の用にタイミングをずらして服用する必要がある場合などに、飲み忘れや、過飲を防止するために行われます。

一包化を行うためには、担当医 が薬剤を処方する際に、一包化が可能であることを、処方箋 に明示する必要があります。
一包化の処置は、薬剤師により行うことができます。

薬剤 によっては、OD錠の様に一包化に不向きな物があるため、希望する場合には、担当医と相談してから行う必要があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする