MRI

MRI(Magnetic Resonance Imaging: 核磁気共鳴画像法)は、強力な磁石の力で核磁気共鳴現象を用いて、生体内の内部情報を画像として得る検査です。CT では得られにくい三次元情報を観察できるメリットがあります。
複数のモードを持っており、目的に応じ様々な画像を得る事ができるメリットもあります。
CT 検査に比べ検査時間が長く、大きな音がすると言う特徴があります
CT の造影剤撮影とは違い、造影剤による副作用は出難いとされています。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする