転移

腫瘍細胞(がん細胞)が 原発巣 とは違う場所へ到達し、浸潤しんじゅん, 増殖 し、同一種類の腫瘍が発生すること。転移した がん原発巣 の特徴を持つため、原発性がん と 転移性がん は区別して評価します。
原発巣 で同一種類の がん が再発症する事を 再発 と呼びます。
転移には、

  • リンパの流れに乗って転移する『 リンパ行性転移りんぱこうせいてんい
  • 血管に乗り転移する『 血行性転移けっこうせいてんい
  • 胸腔きょうくうから腹腔ふくくうへ, 腹腔ふくくうから胸腔きょうくうへ転移する『 播種性転移はしゅせいてんい

があります。遠隔転移 と呼ぶ場合もあります。意味は同じです。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする