服薬時間

内服薬 の服薬時間には、食前や食後など、様々な物があります。一般に、良く使われる服薬時間には次の物があります。
薬は、水または白湯、コップ一杯分で服薬します。水分量が足りないと、喉に詰まってしまったり、十分に効果が得られない場合もあります。

服用時間

服薬時間
意味合い
食前
食事の、30分位前に服薬します。胃が空っぽの時に服薬した方が効果がでる薬や、食べ物があると効果が出にくい薬に適用されます。
食直前
食事の直前に服薬します。消化のタイミングに併せて服薬した方が効果がでる薬に適用されます。
食直後
食事が終わったら、直ぐに服薬する薬です。消化が始まってまだあまり時間が経っていない頃に効果が期待される薬です。
食後
食事が終わって、30分ほど経ってから服薬します。胃を荒らしにくく、一般的に一番多いタイプです。
食後1時間
食事が終わって、1時間ほど経ってから服薬します。消化の終わりかけに飲むタイプの薬です。比較的珍しいタイプです。
食間
食事が終わって、2時間~2時間30分位。または、食事と食事の間の時間の真ん中くらいに飲む薬です。
頓服とんぷく
症状が出たタイミングで服薬する薬です。毎日や毎食後に服薬する必要は無い薬です。
ただし、服薬と次の服薬の間に空けるべき時間が決まっているので、医師や薬剤師, 看護師に確認する様にして下さい。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする