肥満細胞

肥満細胞(Mast-cells: マスト細胞 ともいう。)は、哺乳類の粘膜下組織や結合組織などに存在する造血幹細胞由来の細胞。
ランゲルハンス細胞(樹状細胞)とともに炎症や免疫反応などの生体防御機構に重要な役割を持つ。

肥満細胞は IgE を介したI型アレルギー反応の主体である。肥満細胞の中には ヒスタミン などの物質があり、胞表面に結合した IgE に抗原が結合すると、それがトリガーとなり細胞膜酵素の活性化がうながされ、結果的に ヒスタミン などが放出され、炎症反応 が引き起こされます。

いわゆる、肥満 とは無関係。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする