リンパ行性転移

リンパ行性転移(Lymphatic metastasis: りんぱこうせいてんい)とは、がん細胞が最初に発生した場所(原発巣)から、リンパ管に入り リンパ液 の流れに乗って リンパ節 で増殖するものです。リンパ行性転移 には一定の規則性があり、リンパ液の流れに沿って 原発巣 の近くから遠方の臓器へ広がっていきます。

がん は、リンパ の流れに乗り、全身 へ広がる傾向が強いため、転移 の多くがリンパ行性転移により発症します。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする