均てん化

均霑化きんてんかとは、主に医療政策の分野で用いられる語で、医療サービスなどの地域格差などをなくし、全国どこでも等しく高度な医療をうけることができる様にすることを指します。
もともとは、「生物がひとしく雨露の恵みにうるおうように」と言う意味があります。
特に、がん医療など高度な医療を必要とする分野において、医療技術やサービスの地域格差をなくし、全国一律の医療をうけることができるように、さまざまな整備を行う。と言う意味があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする