腹腔鏡手術

腹腔鏡手術(Laparoscopic surgery)は、手術療法 の一種。おへそのの周りに複数の小さな穴(2mm~10mm程度)を3~5箇所開け、腹腔内に 内視鏡(腹腔鏡) を挿入し、テレビ画面上に腹腔内の様子を映し出し、手術を行う新しい手法。開腹手術 と比べと切開する範囲が少なくなるため、患者への負担が少なく、早期の回復が見込まれる。
また、腹腔内の様子をテレビ画面上に映し出す事ができるため、複数の医師が手術の様子を見ることかができるメリットもある。

手術部位により、穴を空ける場所や、大きさが違うため、医師が傷跡を見ることで、過去にどの様な手術を受けたのか推察する事ができることもメリットの1つになっている。

一方、開腹手術に比べ技術的に難易度が高く、事故による術中死も報告されている。特に、肝臓の腹腔鏡手術は難易度が高く事故が多いため、術中の様子を報告する義務も設けられている。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする