経皮的ラジオ波焼灼療法

経皮的ラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation; RFA)は、肝臓にできた悪性腫瘍の治療法のひとつです。超音波で観察しながら1.5ミリ程度の電極針を がん 細胞の中心に挿入し、ラジオ波と呼ばれる電流を通電させることで、針の周囲に熱を発生させ、がん を壊死させる治療法です。

1999年頃、日本でも始めさせた治療法で、患者への負担が少なく、治療効果も十分に高い治療法とされています。

より、確実に治療できる方法として、凍結融解壊死療法 が開発中です。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする