凍結融解壊死療法

凍結融解壊死療法(cryoablation)は、経皮的ラジオ波焼灼療法 の様に、肝臓にできた がん の治療方法の1つとして開発中の治療方法です。

がん の中心部に針を刺し、マイナス185℃の超低温ガスの高圧ガスを噴射したのち、ヘリウムガスで加温し、がん細胞を死滅させことを狙った治療法です。
凍結した部分を MRI で確認することができるため、ラジオ波焼灼法よりも正確に治療を行うことが可能とされています。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする