術中迅速病理判定

術中迅速病理判定とは、手術 中に行われる 病理診断 の事です。手術 の最中に組織や細胞の一部を採取し、病理医(生検 で採取した細胞や組織を、顕微鏡を用いて調べ、どの程度病気が進行ているのか、など診断する専門医)が短時間で、腫瘍 が 良性 か 悪性 か、リンパ節 に転移してるか、病変部 の取り残しは無いか、などについて診断する事です。
この結果により、治療の範囲を決めたり、より良い術式に変更するなどの判断を行います。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする