感染症

感染症とは、微生物が体内に入り、共存している状態のことです。

人の体内には、無数の微生物が住み続いていますが、それ自体は健康に影響を及ぼしません。しかし、毒性の強い微生物や、通常人体に共存することが無い微生物が体内に侵入し、増殖した場合には、重大な症状を引き起こすことがあります。この状態を「感染症」と呼びます。また、感染が引き起こされた場所で呼ばれる場合もあります。(肺炎, 髄膜炎ずいまくえん, 腹膜炎ふくまくえんなど)また、感染を引き起こす微生物の種類で呼ばれる場合もあります。(細菌感染症さいきんかんせんしょう, 真菌感染症しんきんかんせんしょうなど)。
人間の体には、免疫 機能が備わっているため、免疫機能により症状が改善される場合もあります。免疫機能が低下している場合には、毒性の弱い微生物の侵入でも、感染症が引き起こされる場合もあります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする