強度変調放射線治療

強度変調放射線治療(IMRT) とは、リニアック の照射する範囲の形をコンピュータ制御で常に変化させ、腫瘍に集中した放射線を照射できるように、更に精巧にした照射法です。
通常の、放射線治療では、放射線強度は一定ですが、強度変調放射線治療 では、腫瘍の形に併せて放射線を照射できる様に工夫されているため、正常な臓器へのダメージをより抑え、腫瘍に十分な線量を照射することが可能です。特に、凹んだ形の腫瘍に対して精巧な照射を行うことができます。

強度変調放射線治療 が開発される迄は、三次元原体照射 が用いられていましたが、強度変調放射線治療 の登場により 三次元原体照射 は一般的な治療法ではなくなりました。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする