免疫チェックポイント阻害剤

免疫チェックポイント阻害剤(immune checkpoint inhibitor)は、現在開発中の 免疫療法 に用いられる薬剤の事。

免疫は、「自分」と「自分でないもの(異物)」を見極め、異物を排除するシステムです。がん細胞は「逃避相」と呼ばれる段階に入ると、「免疫チェックポイント」という機構を利用して免疫の仕組みで、がん 細胞自体が攻撃させる事を防止する様になります。
免疫細胞とがん細胞の表面には、それぞれ「免疫を抑制しなさい」という指令を伝達するためのタンパク質(免疫チェックポイント分子)が発現しています。
T細胞 には、免疫機能の司令塔の役割を果たす、ヘルパーT細胞 と言うものがあります。T細胞に発現している代表的な免疫チェックポイント分子が PD-1 です。がん細胞に発現している代表的な免疫チェックポイント分子が PD-L1 です。
これらの分子が結合することで、免疫細胞のがん細胞に対する攻撃能が抑制され、がん細胞は死から逃れるチャンスを得ます。
PD-1 / PD-L1 以外の組み合わせもいくつか発見されています。

免疫チェックポイント阻害剤 は PD-1 / PD-L1 などの結合を阻害することで、免疫 により がん への攻撃ができる状態を有効にしようとする 医薬品 です。
阻害剤の『阻害』には、PD-1 / PD-L1 などの結合により 免疫 機能が がん を攻撃することを止めてしまう事を、阻害しようと言う意味がある様です。
また、免疫 自体の動きを活発にさせる様な仕組みを備える 医薬品 もあります。

現時点では、ニボルマブ(オプジーボ)やイピリムマブ(ヤーボイ)があります。ベネフィット もありますが、リスク も大きな治療法です。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする