画像誘導放射線治療

画像誘導放射線治療(IGRT) は、放射線治療の直前または治療中に、レントゲン などの 画像診断 装置を用い、照射位置の誤差を補正しながら、放射線照射を行う治療法です。
骨や体内に、小さな金属マーカーを留置した上で治療を行ったり、赤外線カメラで体表のマーカーの位置を確認しながら治療を行う場合もあります。
画像情報を持ちして、放射線照射位置を確認しながら治療を行うため、高精度な治療を行うことができると言う特徴があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする