温熱療法

温熱療法(Hyperthermia: ハイパーサーミア)は、がん 細胞が正常細胞に比べ、熱に弱いことに着目し、体の表面から体内深部へ向け高温(42.5℃以上), 高周波エネルギーを放射し、医療効果を得ようとする治療法です。
また、高周波を がん 組織と正常組織に同時に与えると、正常組織は血管が拡張し血流が増し放熱しやすくるのに比べ、がん細胞はほとんど血管が拡張しないため、血流量に変化がなく正常細胞にくらべ、高い温度を保つ事ができます。

化学療法 と併用すると効果が高まると言う研究もあります。放射線治療 の前に施術することで効果を高めるとされています。また、QOL の維持にも良い影響があると言われています。

温熱療法 の有効性については、専門家の間でも意見が分かれるようで、代替治療 の一種であると考える専門家も居るなか、民間療法 に近いと唱える専門家が多数いるのも事実の様です。漢方医学 的な立場に立つと十分に意味のある治療でてるともされています。

その影響もあるのが、温熱療法を提供している医療機関は限られているため、湯治場 で 湯治 をしたり、岩盤浴, ラドン温泉 の様な民間施設を利用する人もいます。これも影響しているためか、民間療法 により近いと言うイメージを持たれる人も居る様です。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする