漢方薬

日本で独自に発展した、漢方医学 の理論に基づいて処方される医薬品の総称です。古代中国において、複数の 生薬 を組み合わせる事で、一定の薬理作用がある事が実証されています。また、生薬 の組み合わせにより、薬効が強まったり、弱まったりすることも分かっているため、現代日本においても 漢方医学 を学んだ専門家により調合れる場合が多くあります。

現代医学では、西洋医学 を中心に、漢方薬 も積極的に使用し、全身状態の改善をはかること治療にも目が向けられています。

漢方医学 は、全身状態の改善に着目しているためか、漢方薬 もゆっくりと効果を示すと考えている人が多いようですが、漢方薬 の中にも即効性の強い薬剤があり、一般の薬剤と分けて考える事は間違っています。
また、漢方薬 は 副採用 が少ないと考える人もいますが、全体状態の改善を中心に捉えるため、副作用 が出ているとは感じにくいだけで、副作用 が少ないと考える事にも誤りがあり注意が必要です。

一般に、漢方薬の名称には次の規則があります。

〜湯 本来は煎じた液を温かいうちに服用するもの 葛根湯, 大建中湯, 十味敗毒湯, 芍薬甘草湯, 麻黄湯, 補中益気湯, 六君子湯, 人参養栄湯, 半夏瀉心湯 など
〜散 本来は生薬を粉末にしてそのまま服用するもの 安中散, 五苓散., 当帰芍薬散, 加味逍遙散, 防風通聖散 など
〜丸 丸薬の意味で、粉末状にした生薬に蜂蜜などを加えて丸く固めたものを服用するもの 八味地黄丸, 桂枝茯苓丸, 六味丸、麻子仁丸, 牛車腎気丸 など
〜飲 上記を含む、様々な服用方法 温清飲, 参蘇飲, 茯苓飲, 清心蓮子飲, 連珠飲 など
その他 規則によらない物 治打撲一方, 当帰飲子, 痛瀉要方, 玉女煎, 雷氏清凉滌暑方, 黒錫丹, 紫金錠 など

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする