血行性転移

血行性転移(Hematogenous metastasis: けっこうせいてんい)とは、がん細胞が最初に発生した場所(原発巣)から、血管(主に 整脈)に入り血液の流れに乗って別の臓器へ移動することです。リンパ行性転移 とは違い一定の規則性はありません。

参考) → 転移  → リンパ行性転移  → 播種性転移

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする