ヘルプマーク

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の人たちから配慮や援助を得やすくするためのものです。
障害者手帳の様に、医療者による診断を必要とせず、配慮や援助を必要とする人であれば、だれでも持つ事ができきます。

化学療法放射線治療 などの 副作用 で周囲へ迷惑をかける可能性がある人や、配慮や支援を必要としている がん 患者も携帯している人がいます。

当初は、東京都が考案したピクトグラムですが、現在は多くの都道府県で採用されていて、都営地下鉄, 都営バスの案内所、市区町村の福祉担当課などで入手する事ができます。
認知度はまだ高くなく、当初の目的である、配慮や援助に結びつきにくいと言う問題点もあります。

写真は、僕のヘルプマークです。

カテゴリー
参考
ヘルプマーク(東京都福祉保健局 のページへ移動します。), 全国ヘルプマーク普及ネットワーク(全国ヘルプマーク普及ネットワーク のページへ移動します。)

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする