ガンマナイフ

ガンマナイフ(Gamma knife)は、頭部専用の治療装置で、コバルト60のγガンマ線源を多数(機種により、201個の物と、192個の物がある。)備え、その多数のγ線ビームを一点に集中した照射することのできる装置です。多くの場合、脳腫瘍、脳血管の奇形などの治療に使われます。
コリメーター と呼ばれる直径の違う照射口を備えた器具を変えることで、病変の大きさや形に併せγ線のサイズを変更することができます。これにより,開頭手術を行わずに脳深部の病変を治療することができます。
MRICT,脳血管撮影などの必要な検査を行い病変の位置を正確に計測してから治療を行います。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする