硬膜外麻酔

硬膜外麻酔こうまくがいますいは、局所麻酔の一種で、背中に管(カテーテル)を挿入して脊髄の近くにある、硬膜周辺に麻酔薬を注入し、痛みを感じないようにさせる方法です。手術の場合には、全身麻酔と併用することが多くあります。
手術後に全身麻酔から冷めた後も、この管を残しておくと局所麻酔薬や鎮痛剤を継続して使用することができるため、手術によるきずの痛みを抑えることができます。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする