播種性転移

播種性転移(Disseminated metastasis: はしゅせいてんい)は、胸腔きょうくう(肺があるところ)や腹腔ふくくう(消化器があるところ)という、2つの隙間があります。それに面した臓器に発生した がん があたかも種を播いたように<、胸腔きょうくうから腹腔ふくくうへ, 腹腔ふくくうから胸腔きょうくうへ、別の部位に転移する物を指します。

参照) → 転移  → リンパ行性転移  → 血行性転移

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする