大建中湯

大建中湯たいけんちゅうとうは、漢方薬 の一種です。冷えが原因である腹痛に用いられます。大建中湯の「中」は、身体の中心にある臓器、胃腸のことを指しています。胃腸を丈夫にすると言う意味があると言われています。

腹部の手術後の回復に有効とされています。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする