サイトカイン

サイトカイン(Cytokine)は、免疫 や 造血, 炎症 に関わる、伝達物質 の総称です。
主な、サイトカイン には次の様な働きがあります。

サイトカイン 主な生産細胞 主な働き
IL-1 マクロファージ 炎症を起こす。血管内皮の拡張・浸透性亢進など。
IL-2 T細胞 T細胞 の増殖・活性化など
IL-4 Tヘルパー2型細胞 T細胞 の Tヘルパー2型細胞 への分化、B細胞 の分化・増殖・活性化や、IgE, IgG の生産など。
IL-5 T細胞2型自然リンパ球 好酸球 の増殖・活性化。B細胞 の分化・活性化など。
IL-6 T細胞, マクロファージ 炎症を起こす。肝臓での CRP などの生産など。
IL-12 樹状細胞, マクロファージ T細胞 の Tベルパー1型 への分化、サイトカイン 生産促進など。
IL-13 T細胞, 2型自然リンパ球 B細胞 の分化・増産、抗体のクラススイッチ促進など。
IL-17 活性型T細胞, 3型自然リンパ球 好中球 を血管内皮細胞などに呼び寄せる。
TGF-β T細胞, マクロファージ 局所に炎症を起こす。
INF-α, INF-β 形質細胞様樹状細胞, 感染細胞 ウイルス増殖を抑制するなど。
INF-γ Tヘルパー1型細胞, NK細胞, 1型自然リンパ球 マクロファージ, NK細胞 の活性化など。
ケモカイン ほとんど全ての血液細胞や組織の細胞 白血球 を選択的に呼び寄せる

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする