サイバーナイフ

サイバーナイフ(Cyber knife) は、頭部~腹部・胸部にまで使用できる治療装置です。放射線治療装置 が取り付けられたロボットアームを、自由自在に動かし、患者さんの体のどの位置へも、放射線の定位放射線治療(ピンポイント照射)を行うことを可能とした専用の装置のことです。
コリメーター と呼ばれる直径の違う照射口を備えた器具を変えることで、病変の大きさや形に併せ放射線のサイズを変更することができます。
可動域の広いロボットアームを用いる事で、場所を変えながら放射線を照射することができるため、正常組織にあまりダメージを与えずに治療を行う事ができます。
また、間欠的に画像での照合を行う事で、呼吸により移動する腫瘍を追尾し、常に正常な位置へ放射線を照射することが可能です。このため、呼吸を止めたり、大掛かりな固定器具(*1)などを使用する必要がなく、患者さんの負担を軽減し、より精度の高い治療を行う事が可能です。

(*1)頭部へ照射する場合には、患者さんの顔のかたちに合わせた、ネット上の固定具を使用します。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする