CVポート

CVポート(CV port)は、埋め込みポート とも言います。皮膚の下に設置される小型の医療機器で、皮膚の下に埋め込んで薬剤を投与するために使用します。100円硬貨程度の大きさの本体と薬剤を注入するチューブ(カテーテル)より構成されています。
通常、首や鎖骨の下の血管からカテーテルをいり、胸のしたの皮膚の下に埋め込みます。カテーテルの先端は、心臓付近の太い血管に留置されます。
身体の中に埋め込むため、外からほとんど目立たず、2000~3000回の仕様耐久性があるため、通常一度埋めると一生涯しようする事ができます。
埋め込みには、日帰りまたは一泊程度の小手術が必要になります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする