一般的な副作用

化学療法 は、頻繁に分裂を繰り返す細胞を攻撃する仕組みを持つものが多いため、成長が早い正常細胞にも作用してしまう 副作用 を避ける事ができません。
副作用 の内容は、薬剤 の種類や、個人差 により様々ですが、主に次の様に出やすいとされています。

治療日 1週間以内 1~2週間後 3~4週間後
自分でわかる副作用 アレルギー反応, 吐き気, 嘔吐おうと, 悪心おしん, 血管痛, 発熱, 便秘 疲れやすさ, だるさ, 食欲不振, 吐き気, 嘔吐おうと, 悪心おしん, 下痢 口内炎, 下痢, 食欲不振, 胃もたれ 脱毛, 皮膚の角化やしみ, 手足のしびれ, 膀胱炎ぼうこうえん
検査でわかる副作用 骨髄抑制こつずいよくせい, 肝障害, 腎障害

これは、一例であり、これ以外の症状や、別の週に症状がでるなど、個人差が激しくでます。不安がある場合には、医師, 看護師, 薬剤師 などに相談するようにしてください。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする