化学療法

化学療法(chemotherapy: 薬物療法(medication)とも呼ぶ。隠語的に ケモ とも呼ばれる。)は、がん標準治療 のひとつ。主に、抗がん剤によってがん細胞を死滅させたり、増殖を抑えたりする治療方法のこと。
抗がん剤の投与方法は、点滴や注射, 内服まどの方法があり、薬剤の種類により投与方保が変わります。血液を通して全身をめぐるため、ごく小さな転移にも効果が期待できます。
一方、脱毛、吐き気、倦怠感、しびれ感など、副作用 の症状や、肝臓や腎臓、造血器官などへの障害が避けられず、患者さんにとってつらい治療になりがちなのが難点です。
化学療法 により、期待した治療効果のことを 主作用 と呼びます。

しかし、吐き気などの 副作用 をやわらげたり抑えたり、白血球の減少を抑える薬の開発などによって、日常生活に支障がない程度に、症状を軽くできるようになってきています。副作用 を抑える治療のことを 支持療法 と呼びます。
また最近は、がん 細胞だけに作用する 分子標的治療 の実用化の発達により、手術不可能 がん の治療が進歩しています。

このほか、乳がん や 子宮がん、前立腺がん、甲状腺がん など、ホルモン が密接に関わっている がん に対しては、ホルモン療法 (内分泌療法) がよく行なわれます。特定の ホルモン の分泌や作用を抑制することで、がん 細胞の活動を抑えて腫瘍を小さくしたり、転移や再発を抑えたりします。ホルモン療法 は、治療期間が長くなったり、強い 副作用 の影響を受ける場合もあります。

化学療法は、血液の流れに乗せ薬剤を全身に届けるため、手術療法放射線治療 では治療できない微細な がん 細胞や、全身に散らばった がん 細胞を効率的に治療する事ができ、現時点では がん 治療の本命と言われていま。しかし、化学療法 だけで全ての がん 細胞を治療する事は実質不可能で、他の治療法と組み合わせて治療を行う必要があります。
完治, 寛解 のためには、手術療法放射線治療 を中心に、化学療法 を補助的に組み合わせる 集学的治療 が必要になる場合が多くあります。

英語でchemotherapyケモテラピーと言うため、がん患者 や、医療者の間では、隠語として『 ケモ 』と言う言葉が用いられる事があります。

民間療法 の枠を出ないと言う意見もありますが、化学療法 の効果を高めるために、温熱療法 や温熱療法の一種である、岩盤浴 を併用する治療法もあります。

点滴 にて投与される物と、経口 にて投与される物がありますが、点滴 の場合度重なる投与により血管が弱くなる可能性があります。そのため、CVポート と言う埋込み型の医療機器を使用する場合もあります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする