がんのリハビリ

がんのリハビリ(Cancer rehabilitation)は、一般的なリハビリテーションと同様な手法を、がん 患者に対しても適用しようと言うものです。運動療法 と同様に、医師の処方を元に、理学療法士 の指導により日常生活活動訓練、物理療法などの専門的な訓練を行い、患者の QOL を向上させようという取り組みです。

一般的なリハビリテーションとは大きく違う点は、治療を開始する前段階から介入する、予防的リハビリに重点が置かれている点です。
治療が開始する前に、治療後に発生する身体的, 美容的変化などを事前に理解して置くことで、より安心して治療を受けることを可能とします。
また、治療後の早期離礁の大切さを学んだり、治療後のリハビリの必要性を学ぶなど、ソフト面を重視しています。

欧米では、標準治療 のひとつとして加えるべきであるとも言われています。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする