骨髄抑制

骨髄抑制こつずいよくせい は、化学療法放射線治療 による代表的な 副作用 の1つです。

がん 細胞は、正常な細胞に比べ頻繁に分裂を繰り返す事から、多くの 化学療法 では頻繁に分裂を繰り返す細胞(成長が早い 細胞)に作用する様な薬剤を治療を使用します。
その過程で、成長の早い正常細胞にも作用してしまいます、これを 副作用 といいます。
血液 を作り出す 骨髄細胞 にも作用し、赤血球, 白血球, 血小板 と言った 血液 成分が減少します。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする