B細胞

B細胞(B-cell)は、白血球 の中に含まれる リンパ球 の一種です。『B』は 骨髄(Bone marrow)の頭文字です。(正確には、ファブリキウスのう から来ています。)
T細胞 から指示を受けて 抗体 を作り出します。B細胞 の表明には『B細胞抗原受容体こうげんじゅようたい(BCR: B-Cell Receptor)』と言う 抗原レセプター を持っています。BCR はその B細胞 が生産できる 抗原 の種類を示しています。つまり、1個の B細胞 は、1種類の 抗原 しか作る事ができません。

骨髄で生まれた未熟が B細胞 はのうち、自分自身に強く反応してしまうものは死んでしまいます。選抜を潜り抜けた未熟な B細胞 は、リンパ節 や 胸腺 などの リンパ組織 へ移動し成熟します。

自分が持つ BCR にぴったりと合う外敵がいると、貪食どんしょくし、MHC II に表出します。そこに同じ外敵の侵入を知った T細胞 と結合し、その刺激を受けると 形質細胞 に変化します。形質細胞 は 抗体 を量産し、外敵と戦います。B細胞 が作る グロブリン と言うタンパク質の種類により、生成される Ig抗体 の種類が変わります。
一部の B細胞 は、形質細胞 にはならず、外敵を記憶した メモリーB細胞 として一生生き続けます。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする