血管造影

血管造影は、生体器官(主に、動脈, 整脈, 心腔など)の血管内部 または ルーメン 状態を可視化する医療画像処理技術のひとつ。
一般に、足の付根, 肘、手首などの大きな血管から、カテーテルと言う細い管を目的の臓器へ誘導し、X線 が透過しない造影剤(ヨード造影剤 など)を血管内に注入した後、X線 を用いて画像処理を行います。CTMRI を用いて画像処理を行う場合もあります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする