アルブミン

アルブミン(albumin)は、血漿 成分に含まれる タンパク質 で、主に 肝臓 で生成されます。約600個の アミノ酸 からできた タンパク質 で、血漿 タンパク のうち約60%を占めており、100種類以上あるといわれる 血漿 タンパク の中で最も量が多い タンパク質 です。
アルブミン濃度が低下している場合は、肝疾患ね, ネフローゼ, 栄養失調 が疑われます。医薬品の 臓器 移行性に大きな影響を及ぼしていると言われています。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする