5年生存率

5年生存率 は、がん と診断されてから、5年後に生存が確認できた割合の事です。がん種, 病期分類, 性別 により異なります。
近年、3年生存率, 10年生存率なども公表されています。
ここで言う、『生存』とは『生きている』と言う意味で、QOL が満足していると言う訳ではありません。

5年生存率 は、国立がん研究センター がん情報サービス(国立がん研究センター がん情報サービス のページへ移動します。)などで入手する事ができます。

5年生存率 が示している数字は、『5年前に 罹患 した患者さんが、現在どの程度存命であるか。』を示しています。『今後5年後にどの程度患者さんが存命である可能性があるか。』を示すものではありません。
がん治療は日々進化しています。5年前の医療技術と、現在の医療技術は全く違います。あくまで 医療統計学 上の数字であることを強く意識する必要があります。

カテゴリー
参考
生存率, がん統計(国立がん研究センター がん情報サービス のページへ移動します。), コホート生存率表について(国立がん研究センター がん情報サービス のページへ移動します。)

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする